fc2ブログ

音源(discography)1997〜2023  ※ライブ情報は一つ下のページです

三沢洋紀・音源(discography)1997〜2023
(2023年7月更新)




【三沢洋紀】(ソロ)

MISAWAHIROKI2(2022/カセット、各サブスク配信、LP、CDはボーナストラック3曲追加。)
XAT-1245765396.jpg
※2021年夏~22年冬にかけて横浜で録音された14年ぶりのセカンドアルバム。録音エンジニアの佐京泰之と共同プロデュース。植野隆司(テニスコーツ)、竹久圏(KIRIHITO,GROUP)、宮地健作(LABCRY)、マルコスフェルナンデス、露木達也、小池実、石原敦子(石の寝床)参加。録音中、世間はコロナの真っただ中。発売はツイッターのDMのみ注文でカセットからリリース。

三沢洋紀+5(2008 / CD、各サブスク配信)
IND1617.jpg
※ファーストソロアルバム。完全一人宅録作品で、ラブクライ活動休止後初のアルバム。2005年の夏前に大分県の田舎に引っ越しして自宅で録音。夏だったので曲をよく聴くとずっとセミが鳴いている。大分県には2010年2月まで在住。大分県2部作として「三沢洋紀とゆふいんの森」(2009)も録音。ジャケット写真は別府の駅近くの公園。古い建物は温泉で、今はもう無い。

(2009 / CDR) ※生産終了。インスト宅録アルバム。

生ギター弾き語りアルバム(2010 / CDR)
 ※生産終了。一人弾き語りアルバム。テレコで録音。



【LABCRY】
(from大阪。1995結成〜2005活動休止までに5枚のスタジオアルバムとLIVE盤(3枚組BOX)をリリース。2022年全アルバムがアナログで再発。それをきっかけに2023年再結成ライブを慣行。 メンバー:三沢洋紀、村上ゴンゾ、NANA、清水恒輔、斉藤晃彦、宮地健作。須原敬三(1stアルバムのみ参加)。



BYE BYE CRAZY BLUES<LIVE盤>(2023年9月発売予定/CD)
※1999年~2001年の原浩一ミックスライブのテープを2023年に発掘&編集。

1008705091.jpg



夏のパズル(1997 / 7インチレコード/在庫なし)
※自身初のリリース音源はOZディスクから。限定200枚。


A MESSAGE FROM THE FOLKRIDERS(1st/1997 / CD)※2022年にアナログレコードで再発
1008510498.jpg


COSMOS DEAD(2nd/1998 / CD)※2022年にアナログレコードで再発
1008540787.jpg



平凡(3rd/1999 / CD)※2022年にアナログレコードで再発
1008557518.jpg



I Bring you down to underground(4th/2001 / CD)※2023年1月にアナログレコードで再発
1008600790.jpg


LABCRY(5th/2003 / CD)※2023年10月にアナログレコードで再発予定
1008693611.jpg



LABCRY LIVE 円盤 BOX vol.1(2004 / 3枚組ボックス)

IND040717.jpg





【PONY】(2003~2006 / 長辻利恵、千住宗臣 / 大阪)

LEAF SONGS(2004 / CD)
4571167364015.jpg





【LETTER】(2007〜2009 / NANA、砂十島NANI、カオリ)

LETTER(2008 / CD)
IND2514.jpg




【三沢洋紀とゆふいんの森】(2008〜 / 足立貴裕、河村浩、南いちこ / 大分県で結成〜活動)

三沢洋紀とゆふいんの森(2009 / CD、各サブスク配信)
IND4144.jpg




【三沢洋紀と岡林ロックンロールセンター】(2011〜 / 岡林コゾウ大輔、中川克志、宮地健作、山田民族、マルコス・フェルナンデス / 東京 / ジャケット画は全て箕浦建太郎)

三沢洋紀と岡林ロックンロールセンター(2012 / CDR / 生産終了)

サイレントのとんがり(2013 / CD、各サブスク配信)
IND13330.jpg

COMIC EP(2014 / カセット/在庫なし)

1006100664.jpg




【国際オバケ連合】(2011〜 / マルコス・フェルナンデス、天野光太郎、大菅直也 / 横浜)

国際オバケ連合(2013にCDR、後2015にCD化)
1006256965.jpg



【真夜中ミュージック】(2011〜 / 稲田誠、植野隆司、中尾勘二、山本達久、小田島等)

真夜中ミュージック(2012 / CD / 限定300枚。全てジャケットは小田島等が一枚ずつ絵を描く。)
東京ミッドナイト・ナンプラー(2015 / CD、各サブスク配信 / 初回版は小田島等が一枚ずつ絵を描く。)

pcd24385.jpg




【真夜中フォークミュージック】(2011〜 / 植野隆司、MC sirafu、大城真【録音】)

真夜中フォークミュージック(2011 / カセット)
large.jpg

真夜中フォークミュージック2(2012 / カセット / with おにんこのゆっこちゃん)
真夜中フォークの神様(2013 / カセット)
真夜中フォークの女神たち(2016 / カセット / with 柴田聡子、池間由布子、滝沢朋恵、他…  )

102469927.jpg




【川本真琴withゴロニャンず】(2014〜 / 川本真琴、植野隆司、澤部渡、池上加奈恵)

music pink / 聖クリスマスだよゴロニャンず(2014 / 7インチレコード)
川本真琴withゴロニャンず(2016 / CD)




【TUNG FAT HEAVEN AND SWEETS】(2016〜 / ミッキー吉野、河端一、伊賀航、U)

TUNG FAT HEAVEN AND SWEETS(2016 / CD)



【わびさびくらぶ】(2018~/よだまりえ、岡田了、マルコス・フェルナンデス)

わびさびくらぶ(2019/Minnakikeruにて配信)
7Z5PPy04EEcuVaQsxpDuVyTUu3IWhPuOEzc0AsKK_s.jpg




<プロデュース>

●「HELICOID 0222MB」 HELICOID 0222MB(1999 / CD)
●「トリビュート・トゥ・ニッポン」VA(2001/ CD / UMMOレコード山本精一さんと共同プロデュース)
●「僕はフォークシンガー」加地等(2001 / CD)
●「シングアゲイン」都市レコード(2008 / CD)
●「コスモポリタン・パレード」アカシモモカ(2009 / CD)
●「しばたさとこ島」柴田聡子(2012 / CD)
●「road to you」都市レコード(2013 / CD)
●「ミナトの渡辺勝ショウ」渡辺勝(2014 / CD)
●「吐いたぶんだけ強くなる」マーライオン(2014 / CD)
●「いつもお世話になってます」渡邉幹(2014 / CDR)
●「トップ・オブ・ファンシー」碧衣スイミング(2016 / CD)
●「TUNG FAT HEAVEN AND SWEETS」TUNG FAT HEAVEN AND SWEETS(2016 / CD)



スポンサーサイト



LABCRY3人会

LABCRY去年10月のライブ後メンバーと約束した、幻の6枚目の新作アルバム制作に向けて、

全国に散らばるメンバーとセッションシリーズ的な

「LABCRY3人会」と銘打って3人でライブをやります~!

まずは三沢のホーム3/11に横浜試聴室その3で三沢+こうすけさん+宮地君でやるんですが、

5/14名古屋、5/15京都も三沢+こうすけさん+ゴンゾ君でやることがきまりました。

(京都は去年の山荘ライブを企画していただいた、MAP小田さんにまた企画してもらいましたよ!)

去年の11月から僕は新曲をこつこつこさえつつ、

メンバーにデーターで送ったりを繰り返しながら、いまだにその作業は進んでいますが、

まずは音をだしてみないとはじまらないんでライブしようかなと。。。

試してみたい新曲とか今までの曲とか混ぜ混ぜでいろいろと実験しようと思ってます。



ぜひお近くの方は足を運んでくださいね~。



あ、ゴンゾ君の名前GONDHARAに名前かわりました~。ゴンダーラですかね??

よろしくです!





3/11(月)横浜・日ノ出町試聴室その3

「LABCRYの三人会~横浜編」

出演:三沢洋紀(g.vo)、清水恒輔(contrabass)、宮地健作(key)

オープン19:30・スタート20:00

<料金>1000円(1ドリンク付)+投げ銭



5月14日㈫名古屋ブラジルコーヒー

「LABCRYの3人会~名古屋編」

出演:三沢洋紀+清水恒輔+GONDHARA(a.k.a.村上ゴンゾ)

オープン19:00・スタート20:00

<料金>前売り予約2500円、当日3000円+1ドリンク



5月15日(水)京都・アバンギルド

「LABCRYの3人会~京都編」

出演:三沢洋紀+清水恒輔+GONDHARA(a.k.a.村上ゴンゾ)

guest : ゑでゐ鼓雨磨(from ゑでぃまあこん)

オープン19:00・スタート20:00

<料金>前売り予約2.800円+1ドリンク

当日 3,300+1ドリンク





去年の9月にリリースした1999年~2001年の発掘ライブアルバム「BYE BYE CRAZY BLUES」が

各サブスクで配信始まりましたんでそちらも聴いてみてくださいね~。

それに関連したインタビューも受けました。

https://ave-cornerprinting.com/labcry-02012024/


こちらもよかったら読んでみてください。

LABCRYいろいろ(2023,10,20)

先日、10月14日、LABCRYオリジナルメンバーによる18年ぶりの東京・復活ライブ「ラブクライ2023渋谷の夜」。
in渋谷Spotify O-nestに来てくれた皆さんありがとうございました。人来るかなあ~来てほしいなあ~と
日々思いながらも、ふたを開ければ満員御礼ソールドアウトで本当に感謝でした~。
この日はライブPAは原浩一さん、ライブは当時からおなじみsmash岩井君と組んで2001年にタイムスリップしたかのような布陣に加え、
18年前最後にO-nest出た時にも参加してくれたテニスコーツの植野(隆司)さんに
スペシャルゲストとしてサックスで2~3曲ほど参加してもらいました。

ゴンゾ君もなかなか連絡が取れず、来るかどうかわかりませんでしたが、ライブ2日前に連絡がありメンバー6人
そろってライブできたのでほんとよかったです。今回もぞくぞくしました。


<セットリスト>
1,午後,はちみつ,沸点
2,空気の底
3,SUGAR SONG
4,BYE BYE BLUES
5,COSMOS DEAD
6,my life, your life, it's a summer time blues
7,BRAVE & STRONG
8,5(NANAボーカル)
9,夢をみるなら
10,ハートのビート
11,PSYCHEDERIC WATCH TOWER(ゲスト:植野隆司/SAX、fromテニスコーツ)
12,GIMMIE GIMMIE GIMMIE(ゲスト:植野隆司/SAX、fromテニスコーツ)
13、MONEY GURU
アンコール
14、APPLE


原さんがライブの録音を楽器ごとのチャンネルで押さえていたので、このライブの音源は何らかの形で聴けるようにしようと、原さんと進めています。仮ミックス聴いたけど、終始会場がざわざわしていてとてもよかったです。

今回の東京は全アルバムのアナログ化記念で集まった復活ライブでした。
なので今後の活動の事は全く何もきめてなかったんですが、ライブ終わったあと、メンバーとも話して、なんかこのまま新作でも作ってみようか~ということでその日はお別れしました。なのでまたしばらく活動再開することになり、またお騒がせするかもですが、皆様今後ともよろしくおねがいします~。
冷静になって考えても、18年前に活動休止した6人が18年後全員集まって演奏してるというだけでも、ちょっと珍しい(6人全員というとこがポイント)ので、僕はもうすこしこの先がみたくなったんですよね。もうすこし続けてみたくなったのです。この6人で6枚目のアルバムを僕が一番聴いてみたくなったんですよね~。多分ほかのメンバーも思ってるとおもう。

さすがにメンバーが全国各地に散らばっているため、ライブはしょっちゅうはできないかもですが、幻の6枚目のアルバム完成にむけて新曲作りや録音などやってみようとおもっています~。

ライブ当日は懐かしいお世話になった人が「いったよ~」と連絡くれたりして、うれしかったです。


最後におしらせ
LABCRYのYOUTUBEチャンネルを作りました。
先日のライブの動画をとってくれた方がいましたのでいくつかここにアップする予定です。
バンドも復活しましたし、まあYOUTUBEチャンネルはやっぱあってもいいよね~。
スローペースな動画更新率かもですが、よろしくおねがいします~。

https://www.youtube.com/@user-go7ge5em3r/featured



あ、JETSETから5枚目のLP(2枚組)「LABCRY」もやっと発売になりました。
小田島等さんの名画がLPサイズでお手元に。
このジャケットのT-シャツも(ライブ会場で完売したやつね)増産して通販とかするらしいです。
全アルバムを購入して応募券を送ったら全員になにか当たるらしいです。
こちらもよろしくです~。
https://www.jetsetrecords.net/i/814006155629/

ラブクライのライブ盤「BYE BYE CRAZY BLUES」~ライブ情報(2023,9,7)

「BYE BYE CRAZY BLUES」 (CD)
LABCRY ラブクライ

"ラブクライ"絶頂期の未発表音源がベスト編集盤としてリリース!



1008705091.jpg

22年ぶりに発見された約20本のDATテープから、名盤「I Bring You Down to Underground」の曲を中心に、1stから5thアルバムまでの曲が万遍なくセレクトされた11曲のライブ音源は、スケールの大きなライブ・バンドならではのグラマラスでサイケデリックな魅力をさらに引き出し、全5作の録音を手掛け7人目のメンバーでもあるエンジニア、原浩一の手により音響ポップの輝きを増し、オリジナル・アルバムでは知ることの出来なかったアザー・サイド・オブ・ラブクライがここに!


三沢洋紀: Vocal, chorus, guitar

NANA: Guitar, chorus, vocal(M9)

清水恒輔: Bass

宮地健作: Electric piano, organ

村上ゴンゾ: Synthesizer, noises, effects, harmonica

斎藤晃彦: Drums, chorus

Keizo Fujimoto: Percussion(M1, 2, 6)

<以上ユニオンのHPより抜粋>



※今年(2023)の1月某日、当時LABCRYすべてのレコーディングを担当してくれていた原(浩一)さんから大量のDATテープが届いたんです。
原さんとは今回のアナログ再発をきっかけで連絡を15年ぶりくらいにまた連絡をとりあってたんですよね。

送られてきたそれは、ラブクライのライブ音源だったりリハーサルだったりの録音音源で、DATデッキなんかもうはるか昔に手放していたのですが、
SUPER FUJI DISC金野さんの事務所にデッキがあるということで、CDRに焼いてもらって全部聴いたんですよね~。
中にはファーストアルバムの須原さんがベースの時のリハ音源だったり、フジロックの音源だったり、まあいろいろありまして、、、。

当時は原さんの都合があればライブでPAエンジニアをやってもらっていて、
サイケデリック音楽好きの原さんの見たことのないマイクやエフェクターコレクションなんかを使って、
なんか非常にやばい音世界をライブで再現してたんですよね~。

お客さんもそんなに多くない中やりたい放題の爆音サウンドでしたね~。
でもいろいろとやらせてもらってたあの時代は、思い返すといい空気だった(おやじ)。

んで、今回それらのライブ音源は大体ほとんど原さんがかかわったライブの記録でして、、、
それらを聴いたらもう記憶が一瞬でフラッシュバックしましたね~。

ライブハウスや、楽屋の匂いとか雰囲気とか、対バンのこととか、、、。
ライブ演奏も荒いけど勢いがあって、当時20代後半のヤング(おやじ)な感じがめちゃくちゃ放出されてるわけですよね~。
これラりってるでしょ~みたいなテンポや演奏もあったりして、
とても理想的なロックバンドの姿がそこに残されていたわけですよね。

金野さんからも「これCDにしようよ」と言ってもらい、僕もやりましょうとノリノリで選曲して~、、、
どうせならマスタリングも原さんでいきましょうと頼んだらすぐOKでて~(原さんはいまや売れっ子なんです)、、、
ジャケットも当時4枚目の「I BRING YOU DOWN TO UNDERGROUND」のジャケを作ってくれた坂村(健次)さんにたのみましょうと~、
ジャケットの感じは80年代のガレージパンクバンドのライブ盤みたいなイメージでどうかな~、いいね~なんて
すべてがトントンとイイ感じでできたのが、この「BYE BYE CRAZY BLUES」なんですね。


1曲目の「DAYS」から「虹」は大阪ミューズホールにて、羅針盤、渚にてとの3マンライブ。僕らはトップバッターでしたね。うたものとかいわれはじめていたころ。
メンバーにパーカッションの藤本ちゃんがいて、1年くらいしか7人編成の時期はない。この3組でのライブは一回しかなかったんじゃないかな。
「夢をみるなら」~「LISTEN」は法政大学のライブ。対バンはポラリスやった。この時の「LISTEN」は初めてライブで演奏したやつすね。
当時よく学園祭によばれていたのだけど、僕は学園祭がなんどやってもなんか苦手だった。なんでだろ、大学生の経験がないからか(高卒)?
そのころどこかの学園祭の対バンでベースの弾き方やたたずまいがかっこいいなあ~とおもったのがUGマンの谷口(LESS THAN TV)さん。
また別の大学では地下の学食みたいなところでライブした時もあったなあ~。そんなことふと思い出した。
ベアーズのライブの演奏は2曲入ってる。どの演奏よりもリラックスしてる気がする。ガレージバンド感が強い。初期のピンクフロイドとか、、、。

今回のDAT以外にもいろんな関係してくれていた人たちの間でライブ音源がたくさん残っているらしく、それを集めてVOL2もつくるつもりでいたけど、なんかこれ完成させたらちょっと満足したかも。
たぶんLABCRYの活動でなにか忘れているものがある気がして、それが今回、原さんがライブで再現していた音を残してなかったなあ~とおもったんですよね。
だからこのCDが出せてよかったなとおもいましたね~。

あとLABCRYでやり残してることといえば、ちゃんとしたラストアルバムを作ることかな~と。
僕らは18年間活動休止のままだったので、できたらラストアルバムを作ってみたい。ビートルズのアビーロードつくったときみたいな感じで。。。
まあできたらなんですけどね~。


<ライブ情報>

9月27日㈬日ノ出町試聴室その3
「豆腐岩」
GOFISH (名古屋)、三沢洋紀


オープン 19:30 / スタート 20:00
チャージ 1,000円(1ドリンク付き)+投げ銭

http://shicho.org/2023/09/3_230927/





10/5(木)吉祥寺Ongoing
「Ongoing Fes 2023~Ongoing Autumn Special Live 2023 part01」
出演:三沢洋紀(弾き語りソロ)


19:00開場 19:30スタート
料金:予約2500円・当日3000(要1ドリンクオーダー)
限定40名
受付はinfo@ongoing.jp

https://www.ongoing.jp/tag/video/ongoing-fes-2023/





2023/10/14 (Sat) Spotify O-nest

「ラブクライ2023渋谷の夜」

出演:LABCRY


東京都渋谷区円山町2-3 O-WESTビル6F
OPEN 18:30 START 19:00
スタンディング 前売り:¥4,000
ドリンク代別
お問い合わせ

SMASH 03-3444-6751

https://smash-jpn.com/live/?id=3963

お知らせ三昧~LABCRY東京ライブとか配信とか(2023,7,4)

<LABCRY東京ライブがきまりました~>
先日(4月終わりの)のLABCRYベアーズライブはありがとうございました。
実家に手紙を送っても音沙汰のなかったゴンゾ君も、本番10分前にふら~っとやってきて無事メンバー6人でライブをやることができました。そんなアナログ発売記念として開催したベアーズ奉納ライブも、もうやり残すこともないかなあ~とおもったのですが、東京でもやらないのかとほんとたくさんの人に聞かれまして、、聞かれては「やらない」といつもこたえていたのですが、、、すみません、もう一度やることになりました~。
全国に散らばるメンバーを大阪に集めるのは実現できそうだったので、ベアーズの協力でやれたのですが、東京はさすがにむりかもとおもってたんですが、当時いつも一緒にライブを企画してくれてましたSMASHの協力をいただいて、それだったらもう一度やろうかと~そういった経緯でやることになったので、ぜひ来ていただけるとうれしいです~。
またゴンゾ君の実家に手紙を書くところからはじめるんですがどうなることやら、、、!ゾクゾクしますねえ~。
以下詳細

10月14日㈯東京渋谷Spotify O-nest
「ラブクライ2023渋谷の夜」
LABCRY

オープン18:30
スタート19:00
¥4,000(ドリンク別)
e+ ・ローソンチケット (L:71117) ・チケットぴあ (P:247-212)
問合せ SMASH https://smash-jpn.com
チケット発売は7月15日より
オフィシャル先行発売は7月4日17時よりらしいです。詳しくはSMASHのホームページよりおねがいします~。


LABCRY3.jpg

<LABCRYのアルバム3タイトル同時配信解禁じゃい!!>
LABCRYのサブスク配信が決定しました。3枚目の「平凡」(1999)、4枚目の「I Bring You Down to Underground」(2001),5枚目の「LABCRY」の3タイトルが7月26日に解禁します。まさか配信できるとは思ってなかったので、うれしいですね~。1~2枚目はまたいずれやれるとおもいます~!APPLE MUSIC、Spotify、などでじゃんじゃんばりばり聴いてください。


<やっとでるLABCRYアナログ5枚目>
LABCRY今のところ最後の5枚目のアナログがなかなか難航していたみたいで、こちらもやっと出る予定がたちました~。10月中に2枚組としてリリースします。発売元はJETSETより!たくさんの人にきいてほしいすね~。こんどこそ10月のライブで先行発売できるとおもいます!!
https://www.jetsetrecords.net/labcry-st/i/814006155629/


<三沢ソロやバンドライブもあるよ>

●7月8日㈯日ノ出町試聴室その3
「からっぽのふた」

出演:佐藤幸雄(ソロ)、三沢洋紀(ソロ)
オープン 19:00 / スタート 19:30(22:00終了予定)
チャージ 1,000円(1drink付)+投げ銭

●8月4日㈮日ノ出町試聴室その3「じかんのとまったなつのむら ~三沢洋紀バンドセット投げ銭ワンマン~」
出演:三沢洋紀バンドセット
【メンバー】三沢洋紀 (VO,G)、佐京泰之 (G)、小池実 (B)、露木達也 (Dr)
<ゲスト>宮地健作 (KEY)
オープン 19:30 / スタート 20:00
チャージ 1,000円(1drink付)+投げ銭

●Less Than TV presents METEO NIGHT 2023
2023年8月6日(日)東京都 Spotify O-WEST / Spotify O-nest
OPEN 11:30 / START 12:00

※三沢洋紀バンドセットで出演します
【メンバー】三沢洋紀 (VO,G)、佐京泰之 (G)、小池実 (B)、露木達也 (Dr)<ゲスト>宮地健作 (KEY)
<出演者>
and more / ANORAK! / baduerykah / CROCODILE COX AND THE DISASTER / DAIEI SPRAY / DMBQ / ELMO / falls / FIGHT IT OUT / FORWARD / GOFISH / GROUNDCOVER. / ギターウルフ / HARD CORE DUDE / 久土'N'茶谷 / Limited Express (has gone?) / MASTERPEACE / 三沢洋紀 / nemo / ニーハオ!!!! / おとぼけビ~バ~ / PAYBACK BOYS / penisboys / Phew / 切腹ピストルズ / SHUT YOUR MOUTH / SLIGHT SLAPPERS / 田島ハルコ / TEXACO LEATHER MAN / THE BREATH / VINCE;NT / WRENCH / やっほー / YOLZ IN THE SKY
プロフィール

みさわひろき

Author:みさわひろき
三沢洋紀(問い合わせ)hamuchiyoband@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR